サービス、インフラ

良いお店作りは愛される接客から!明日から出来る簡単な3つのポイント

【明日から出来る簡単な3つのポイント】

 

「ここっていつ来ても本当にいいお店だよね~」

友達と食事をしている時そんな言葉が隣から聞こえてきました。

最近は従来からあるグルメ情報誌だけではなく食べログなどのインターネットから行う情報収集も盛んに行われるようになり、お店の雰囲気や商品の価値だけで良いお店と判断せずむしろその他の所を重要視する人も多くなっているようです。

【良い接客】は出来て当たり前になってきている。

サービス業【接客業】は特に良い接客が出来るのは基本でそれが出来ているお店は従業員の満足度も高く、従業員の満足度が高いお店は顧客の満足度も高い【ESからCS】なんて言われるほどですよね。

ただ良い接客をと思っても世の中も出来て当たり前となっている上でどのようにして良い接客をすればいいかわからない

普段よく聞く言葉かなと思います。今回は愛される接客を目指す上で当たり前ですが意外と出来ていない簡単な3つの方法をお伝えできればなと思います。ではさっそく行ってみましょう!

この記事でわかること

・身だしなみで第一印象が決まる!
・意外と間違ってる!?本当に正しい言葉遣い!
・意識すべきたった一つの接客態度、行動!

ポイント1【出会って3秒が勝負!好印象を与える身だしなみ】

僕は昼、新聞販売業いう接客業をしています。先日お客様の所へ訪問する機会がありお宅へお伺いした時に頂いた言葉です。

【あなたはいつ来ても爽やかで清潔感があっていいわねぇ】

【昨日来た別の会社は逆に不清潔で、、、】

 

ありがとうございます!!

と思ったと同時にやっぱりと感じることがありました。接客業に限らず仕事をする上でまず大事なのは【身だしなみ】です。恋愛の世界でもよく聞く言葉だと思いますが人は出会って3秒でその人の第一印象が決まるとも言われています。

 

そもそも多くの人が持つ身だしなみのイメージはこれかなと思います。綺麗な髪型、きちんと清爽された服装、【見た目】だと思います。聞くと接客する上で当たり前ですよね。

しかし見た目を意外と出来ていない人が多い気がします。純粋に食事に行った時、髪型がボサボサ寝ぐせだらけの服が汚い人が持ってきた商品を口にしたいと思いますか?見た目が出来ていないスタッフがいるお店を次も利用しようと思いませんよね。

何事も基本からです。基本がなってないとそのお店の良さや商品の良さを知ろうとしてもらえません。基本ができているからこそその他のスキルを活かすことができ、さらにレベルの高い接客やより良いお店作りに繋がると思います。

なので原点へ一度戻り確認をする意味でも意識してみて良いかなと思います。綺麗な髪型は寝ぐせはきちんと直しさらに清潔な髪型が出来ているか?【整髪料を使える人は使うべし!】自分働く場所や職業に適した髪型や髪色に出来ているか?始まりとしてここからかなと思います。

そして個人的に大事なのはそのお店で用意される服装【ユニホーム】は必ず着用することかなと思います。職業によっては着用義務が定められていないこともよくあるそうです。しかし、ユニホームがあるだけでかなりの武器になると思います。訪問での接客ならインターホンを押す時点でユニホームを着ているとお客様は【この服装は、、、○○会社の人】などとすぐに判断して頂ける材料になり、信用していただける=良い印象を与えることが出来ます。さらには悪徳訪問や詐欺被害の防止にもつながり、お客様も私たちも良いことしかないと思いませんか?

・・・僕自身もこのおかげで実際に集金トラブルに遭いそうなお客様を救うことができ、お店全体で感謝された経験があります。なのでぜひ見た目を意識することを実践していただき、出会った瞬間から好印象を与える身だしなみを目指して頂ければと思います。

・仕事をするうえで大事なのは身だしなみ!

・ユニフォームは信頼の証なのでしっかり着用するのがおすすめ

 

ポイント2【あなた使う敬語は本当に正しい?押さえておくべき大切な言葉使い!】

こちらご注文の〇〇になります

こちら1万円からお預かり致します

接客されている時よく聞く言葉だと思いますが皆さんはどこが間違っているかわかりますか?正解は【こちらご注文の○○でございます】と【こちら1万円から頂戴いたします】ですね。

接客とは基本的に初対面の人とコミュニケーションを取る機会がたくさんあるお仕事です。それだけに正しい言葉使いや敬語を身につけなければいけませんが意外と間違った言葉使いや敬語を使っている人がいます。なのでまずは基本となる5つの正しい言葉使いをマスターしていただければと思います!

【1、いらっしゃいませ】

まずはじまりのお客様を歓迎、迎えるための言葉です!大切です。語尾を伸ばしたり、下を向いたままだったりすることなくお客様をしっかり見て笑顔で元気良い挨拶を心掛けることができれば良いと思います。

【2、かしこまりました】

よくわかりましたや了解しましたなど勘違いしやすい言葉使いの1つですね。しっかりお客様に対して敬意を示すのがポイントです。しっかり覚えてほしいと思います。

【3、恐れ入ります】

この言葉は一言で感謝と頼みごとを伝えることができる大切な言葉です。お客様に高確率で良い印象を与えることができる言葉なのでぜひマスターしてもらいたいと思います。

【4、ありがとうございます】

言葉使いの基本は感謝です!これを意識しましょう。日常会話ではすみませんと使いがちな人が多いです。できるだけ感謝を1つでも多く伝えることが出来ればお客様の印象も良くなるはずだと思います。

【5、申し訳ございません】

しっかりとした謝罪の言葉も大切です。ポイントはすみませんではなく申し訳ございませんの方がより丁寧さが伝わると思います。謝罪しなければいけないことを落ち込むとゆうより逆に丁寧な言葉使いによりお客様の信頼を勝ち取る武器にするのがコツかなと思います。

 

5つのポイントを押さえるだけで愛される接客【お店】に確実につながるはずです。ぜひ実践してみてください。

ポイント3【これで全てが決まる!意識すべきたった一つの接客態度、行動】

誰かと初めて会った時【この人感じいい人だな】と思う一番簡単な見分け方は何でしょうか。【笑顔】だと思いませんか?基本として最後に一番大事になるのは笑顔かなと思います。

いつも笑顔が絶えない人とそうでない人ではどちらが良い印象を抱くかは誰でもわかりますよね。今までお伝えしてきたポイントも最後の笑顔ができるかどうかで効果は大きく変わってくると思います。

皆さんも笑顔がもたらす効果はいろいろ聞いたことがあるかと思いますが、個人的に一番良いと思っているのが【信頼を引き寄せる】所です。

自然な笑顔はお互いを信頼していないとできないと思います。笑顔を向けることができるのはあなたを信頼しているサインだと思いませんか?いかにお互いに笑顔になれる関係を築き、信頼関係を築いていけるかが愛してもらえる大きなポイントだと思います。

なのでたった一つ、笑顔で一生懸命な態度を意識してみてください。自分自身も楽しく仕事が出来るようになり、お客様からの印象もアップするはずだと思います。

笑顔は幸せをもたらすなんて聞いたことありませんか?笑顔がもたらす幸せが顧客満足度【CS】アップのコツだと思います。僕自身も先輩からもっと笑顔でなんて教えてもらい、半信半疑のまま実践した経験があります。

いざやってみるとお客様から【いつも笑顔が素敵ね】とか【あなたの笑顔を見るとこっちも元気になる】などのお言葉を実際にいただきました。お互い幸せですよね。お互いに良い印象を持てるとなるともう信頼関係が生まれている証拠だと思います。

信頼関係が生まれれば信頼できる人がいるお店をもっと利用したくなる=お店を利用したくなるに繋がると思います。ぜひ最後は笑顔を意識して愛していただけるように頑張ってみてください。

まとめ

今までお伝えした大きな3つのポイントが全てではありません。ほかにも注目するべき所も沢山あるかと思います。あくまで基本的で明日からさっそく実践でき、効果を得られる大切なことだと思います。

基本が出来ていないとせっかく学んだスキルも活用できませんからね。お客様にとってはバイトも正社員も同じ。お店にいるすべての人が【そこにいるお店の人】なのです。

一人一人がお店を代表していると自覚を持ち、愛される接客を意識出来ればより良いお店が出来上がりそれもまたお客様に愛される店につながるはずです。一人でもそう感じていただければそれがもう愛される接客=愛されるお店です。