サービス、インフラ

優秀な人材育成のコツは思いやりと時間の使い方!会社を成長へ導くアイデア

 

 

思いやりと時間の使い方で優秀な人材を作る!会社を成長させるアイデアをご紹介!

会社を成長させていく上で大切なことは何か皆さんはどうお考えでしょうか。

【業績を上げる】

【運営資金の上手な使い方】

【仕事の適格なスケジュール管理】

いろいろ方法は浮かんできますよね。

特に管理職や経営者は必ず考えなければいけないことで一番の悩みの種になっていると思います。僕も頭から煙がでるぐらい悩みました(笑)いろいろな問題を考えただけで考えても必ず関係してくるのは【優秀な人材の育成】かなと思います。

【自分に変わる最強な人材がいればな~】なんて思いませんか?

優秀な人材の育成以外にも大切なことはたくさんありますが会社を成長へ導くには優秀な人材は必須です。会社として人は切っては切れないことです。人がいなければ何も始まりませんですしね。選ぶのではなく作るのです!

【優秀な人材こそが最大の会社資産】なんて講義をする人たちもいるぐらいです。今回は僕自身が経験した優秀な人材育てるアイデアをお伝えしたいと思います。参考にしてみてください!

思いやりがモチベーションアップへ!心育む指導方法!

僕も今管理職をしていて会社を成長させるためにいい人材を育てることにフォーカスしています。そこで感じたのは育てたい人への思いやりや気持ちを持って伝えて技術教えていくことだと思いました!

なぜあなたを育てたいのか、

なぜ優秀な人材になってほしいのか、

優秀な人材になったらその人はどのような素晴らしい未来があるのか

相手に対してや思いやりや気持ちを持って接することから始めることだと思います。

思いやりや気持ちが無ければ育てられる人も意味がわからないので価値を見出すことができませんし、育てる方も意味がわかっていない気持ちがない人に教えても

【こいつ意味わかってるのかな】

【教える意味のない人には教えたくないな~】

ネガティブな感情が生まれるのでしっかりと技術を教えてあげることもできなくなります。

お互いに気持ちをわかりあうことを目指してみましょう。コツは日頃からコミュニケーションをしっかり取り関係性を作ることが大切です。自分のこと何もわかっていない人に教えられてもわからないことや疑問を聞きにくいですよね。

皆さんも【僕のことわかってくれてないな~】なんて思った経験がないですか?なので教える側の人も教える相手の気持ちをわかってあげる思いやりが大事なのです。そしてしっかりと褒めてあげることによるモチベーションアップも目指していきましょう。

どんな人も褒められることが嫌な人はいないですよね。嬉しいと思います。例えば仕事をしていてもし褒められまくったらどう思いますか?すごく嬉しくて頑張ろうと思いませんか?【褒められてめちゃくちゃ嬉しい!】と思う気持ちがすごく大切です。

学ぶ意味を見出せるのです。

技術向上につながります。僕もすごく経験があることなのですが、人を指導する時、できない人を教えるが故怒りがちになってしまっていませんか?僕は両方の経験があります。時には怒ることも大切ですが、怒ることばかりでは何も生まれません。

むしろモチベーションが下がってしまい優秀な人材へのステップへの足掛かりになってしまいます。教える方はできるだけ褒めてあげる所を見つけてあげること、教わる方は褒めてもらえるように心掛けましょう。

技術の的確な吸収のコツだと思います。

褒めてもらうことをやりがいに頑張るのも良し、やる気をあげる材料にするのも良し褒めるという行為は素晴らしいことだらけなのです!しかし先ほども言いましたが、怒ることも優秀な人材への成長に大切なことなのは忘れてはいけません。

怒るというより注意するというイメージかなと思います。失敗をしなければ成長を期待できません。怒るではこの失敗を恐れることになるので【失敗しないように注意しよう!】などの相手を思う気持ちで注意をしてあげましょう。

僕のお店では【一日一回全員がみんなのことを褒めることをしよう】と発信したり、逆に【注意することを見つけたら遠慮せずその人のために伝えてあげよう】と教えています。どんなことでも技術より思いがまず大切だと思います。

いろいろな指導者をみてきましたが相手を思いやる気持ちがないため、モチベーションが上がっていない心を育めていない人がたくさんいるのでまずは相手を思いやる気持ちとモチベーションを上げてあげることを皆さんも意識してみてください。

僕自身も実際に新入社員を教えていく中で思いやる気持ちとモチベーションアップにフォーカスし実践した所、その新入社員は最終的には管理職をまかせられるぐらいの貴重な存在へ成長してくれました。今まで指導に悩んでいた僕にとって初めてしっくりと来た瞬間でした。

ぜひ試してみて下さい。何か掴めるものがあるはずです!

時間を制する者は人材を制する(笑)時間使える人が未来を切り開く!

時間てすごく貴重ですよね。一日は24時間と決まっていますし、時間を有効に活用できる人は人生を豊かにできますよね。もちろん仕事でもそうですし優秀な人材を育てる時も時間をどれだけうまく使えるかが重要、大切です。

ここでの一番コツは教えることに時間を惜しまず、しっかりと時間を使うことです。意外じゃありませんか?大体の人は【仕事だから早くして早く教えて早く出来るようにするべきじゃないの?】なんて考えると思います。

僕自身が見てきた人もそうでしたし、自分に教えてくれた大半の人がそうでした。育てる以外に自分の仕事や行うことも沢山あるので時間短縮を図る気持ちもわかりますが、時間を惜しんではいい人材は生まれません!

むしろ時間をかけ、しっかりと伝えることができなければ意味がないですし、むしろ教えてきた時間が無駄になるので逆効果です。相手が理解するまでしっかりと時間をかけ育てたい人の成長を感じるぐらいのイメージを持ちましょう。

そしてスケジュール管理も大切なことかなと思っています。意外とスケジュール管理も出来ていない人が多い気がします。この技術から教え始め、次はこの技術を~という感じに教える人それぞれにあった的確なプランを作成し教えていくことが重要です。

人によって覚えるスピードや身につくスピードは違うはずなので育てたい人の成長スピードを見極めるのも必要です!一日の限られた仕事の時間を的確に把握し、育てたい人をいかに早く成長させ、いかにわかりやすく伝えてあげるかが勝負です。

なのでできるだけ時間を活用し、しっかりと教えていくためにもスケジュール管理は必須です!ある企業では従業員全員に毎日スケジュール管理をさせてから仕事させている所もあります。10分間隔でのスケジュール管理です。

大変かもしれませんが日々の時間は限られていますから大切なことです。皆さんもぜひ時間を有効活用し、優秀な人材を作るための時間を確保する意味でも実践してみて下さい。まずは自分自身のプライベートでの時間管理から行ってみるのもおススメです!

最後に大切なことは、、、

優秀な人材を作る方法として沢山ある方法の中のほんの一部分を紹介させていただきました。参考に少しでもなれればと思います。そしてどんな方法を使っても最後はどんなことがあっても育てることを諦めないことです。

継続は力なり

ではないかもしれませんが、なかなか育たない思いをしたり、考えや思いがうまく伝わらないことなどいろいろ問題が出てくるはずです!

しかし求める側が諦めてしまったらそこまでですし、何も生まれてはきません。

諦めず最後まで技術を伝え行ける会社が優秀な人材を作ることが出来るのです!